はなまる台湾一人旅 〜出国前編〜
【羽田空港】LCC早朝便を空港内で待つには?

こんにちは、はなまるです。
今回は2018年台湾一人旅から「出国前編」をお話しします!

【今回利用した便】
▶︎羽田空港 5:00発  → 桃園空港 8:05着
▶︎利用便…タイガーエア
▶︎料金…片道14570円(直前購入・預け荷物なし)

直前購入でこの金額なのはありがたいですが…
もっと前からわかってればセールで数千円で行ける時代と考えると、
やはり勿体ないことをしているな〜と感じてしまいますね…。

今回はお値段のことではなく、飛行機の時間の方に焦点を当てたお話です!

羽田空港でLCC早朝便を待った話

金曜の夜に「あ、台湾行こう!」と思い立ったはなまるは、
即座に航空券比較サイトで調べて
タイガーエア早朝5:00発の便に乗ろうと考えました!

タイガーエアのチェックイン開始時間は、出発時間の2.5時間前
つまり、この時は早朝の2:30からカウンターがオープンするスケジュール。
この時にはなまるが悩んだのは、どうやってその時間に空港に行くのか?でした。

2:30頃に空港に到着する手段はあるか?
→東京在住のはなまるですが、電車・バスでは早朝到着は難しいと判断
今から移動して羽田空港近くのホテルに泊まるか?
→せっかくLCC利用で旅費を抑えたいのに、ホテル代なんてもったいない
羽田空港内でチェックインまで過ごす
これが一番安上がり!(でも女一人で危ないかな…?)

お金がある方ならホテル宿泊でもいいと思いますが、
はなまるにはそんな余裕はないので…
空港でチェックインまで時間を潰す手段を選びました。

おそらく早朝便を選ぶ際に、私と同じように、
「早朝にどうやって空港に行くのか?」「空港で過ごすのは大丈夫なのか?」
悩む方は多いと思います!

そこで今回は、私が羽田空港国際線ターミナルで早朝便を待ってみた感想をお伝えします!

実際に空港内で早朝便チェックインを待ってみて…

結論から言いますと女性一人でも問題ない!という感想です。
(はなまるは細いことは気にしないタイプというのもありますが…)
いくつかポイントを絞ってお伝えします。

寝る場所はある?

寝る場所になる「ベンチ」ですが、空港内には各階至る所にあります!
ただ、至る所にありますが、やはり早朝便を待つ方も多いようで、
たくさん空いているというわけではありません…。

この日(金曜の夜)一番空いていたのは「2Fの到着ロビー」のベンチでした。

ご飯は食べられる?

4Fにある「江戸小路」というショッピング&フードエリアには
24時間営業のお店があります。(私は利用しませんでしたが…)

また1Fもローソンがあるので、空港で何も買えなくて困る…ということはありません!
私はローソンでご飯を調達してから、ベンチを確保して休みました。

空港内はどんな様子?

ここでは主に「一般エリア」という、入国審査前のエリアのお話をします。

■1F…エントランスプラザ
 24時間営業のローソンがあるので明るく、人通りも多い印象です。
(ただ、ベンチ数は少ないです)

■2F…到着ロビー

深夜でも到着便はあるので、お出迎えの人なども多くいらっしゃいました。
電気もフロア全体で明るめです。(写真右側あたりがベンチスペースです)
到着出口の左右にベンチが並んでいますが、
24時間営業の「タリーズコーヒー」がある側は結構人が多かったです。
また、この時間帯で空港内の床清掃も行われているので、
清掃の方の動きや機材の音が気になる方は休みにくいかもしれませんが、
周りに人が少ないのも怖い…」という方ならば、2Fの到着ロビーはオススメです!

■3F…出国ロビー
 
チェックインカウンターもあまり開いてなく、人も少ないので薄暗い雰囲気ではあります。
2階に比べるとベンチの数は少ないですが、チェックインが始まったらすぐに向かえるので
空きがあればこの階で休めるのがスタートダッシュにはベストでしょうか。
  ※チェックインが始まる時には2Fの到着ロビーでも放送が流れるのでご安心ください!

■4F…江戸小路(ショッピング&フード)
この時間でも営業しているお店は数件ありますが、
基本的には閉店しているところが多いので、人通りも少なめです。
このエリアにあるベンチは、時代劇のお茶屋さんの店前にある赤い布がかかった長椅子
のような物になります。
幅としては上半身が横に収まる程度なのですが、手すりがない分寝やすいかもしれません。
また、ベンチの並び方が店前に一つといった感じで、密集して並んでいないため、
「静かに休みたい」「人との空間をあけたい」という人には適しているかと思いました。

■5F(展望台があるフロア)
エスカレーターを上がった先の開けた部分、
横にあるベンチともに満員状態で、皆さんぐっすり休んでいる様子でした。
この部分は照明も暗いので、真剣に寝たい人にはオススメスポットかと思います。

ちなみに、はなまるは空港と飛行機が大好きなので、
  展望台でしばらく夜の空港を楽しみましたよ〜♥

三脚を使用して写真を撮っている方も数名いらっしゃいました。
(撮り方教わりたいです…。私は手持ちなのでブレブレでした)

■その他
空港内には充電ができるスポットがあるのですが、
やはりそこは人気のようで常に席が埋まっていましたね…。
ただ、入国審査後の搭乗ゲート付近に並んでいるベンチにも充電スポットが付いており、
そちらはかなり空いていたので、充電に不安がある方は早めに入国審査を済ませて、
  ゲート付近のベンチで充電しながら休むのがオススメです!

女性一人でも大丈夫?

空港内では多くの人がベンチの上で横になって寝ています。女性の方も見受けられました。
もちろん周りの人の様子を気にしたり、
荷物を肌身離さないなどの最低限の注意は必要だと思いますが、
私はそこまで恐怖心を感じることもなく休むことができました。

結論:空港内で早朝便を待つのは…あり!

はなまる的には空港で早朝便を待つのは問題ないと感じました。
ここで少し節約をして、旅行先で楽しむお金を増やせる方がいいかなと。

最後になりますが、1月だったというのもあると思いますが、
空港内は若干寒かったので、上着を着たまま寝ることを意識して、
寒がりの方はひざ掛けなどあらかじめ用意された方がいいかと思いました。

はなまるは荷物軽減のために余り衣服を持っていなかったので、
寒くてもかけるものもなく、枕にするものもなくてちょっと困りました…笑

飛行機でも寝られると思いますが、皆様が出発前に空港で休めますよう、
この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

以上、2018年台湾一人旅〜出国前編〜でした!